自由に生きたい大学生のブログ

思いついたことを書いていきます。

現役旧帝大生がおすすめします! 受験数学の参考書、問題集 【理系】

こんにちは!

 

受験をする上で鬼門となる人も多いであろう数学。

 

少しサボってたら内容がわかんなくなった・・・

難しすぎてついていけない・・・

 

という人も多いのではないでしょうか。

自分のそのうちの1人だったのでよくわかります。

 

今回はそんな人や、もっと数学を強くしたい!という人のための参考書、問題集をおすすめしていきます!

 

 

 

 

 

〜教科書レベル【独学〜偏差値50】

 

参考書

【マセマシリーズ】

 

 

 

 

まずわからないと思った時に見るのが教科書ですよね?

教科書で理解できれば全然問題ないのですが、教科書に書いていることは堅く、難しそうに見えるため

もう何言ってるかわからない・・・

となる人もいると思います。 

 

そんな人におすすめするのがこの参考書です!

表紙が古そうで、なんか信頼感なさそうですが、その表紙とは裏腹に解説がとても丁寧です。

これを読めば基本的なことは必ず理解できるようになると思います!

 

問題集

【マセマ、元気が出るシリーズ】

 

 

 

参考書を読み終わったら、次は問題演習です!

 

こちらもマセマシリーズで

受験数学の問題集の中では珍しく、基本的な問題を超詳しく説明してくれる数学が超苦手な人にはとても嬉しい問題集となっています。

 

問題数は少ないですが、その分解説も手厚く、

問題数が少ないことにより復習のサイクルが早くなりやすく、定着しやすいのでおすすめです!

 

 

【偏差値50〜60レベル】

 

問題集

 

【青チャート】

 

 

言わずも知れた有名問題集ですね。

標準的な典型問題の網羅性が高く

教科書は理解してそのレベルの問題は解けるけど・・・

という人がやるべき参考書だと思います。

 

この問題集に出てる問題は全てパターンを覚えるぐらいやっていきましょう。

 

 

【偏差値60〜65レベル】

 

問題集

 

【1対1対応シリーズ】

 

 

この問題集は

青チャートレベルの問題だったらもう解けるようになったけど

少し捻られたり、組み合わせたりする問題だと解けなくなる・・・

 

という人におすすめです!

大学入試では、典型的な問題を少しひねった問題

典型的パターンを組み合わせて解く問題

が多く存在します。

この参考書はそう言った意味で青チャートから大学入試への橋渡しをしてくれる問題集です!

レベルがちょうどよく、解いて見るとあぁーこういうことか!とつい言ってしまう痒いところに手がとどく問題集となっています。

 

【偏差値65〜70レベル】

 

【問題集】

 

【やさしい理系数学】

【数学上級問題精巧】

 

 

やさしくないことで有名な問題集です。

この問題のレベルになってくると

初見の問題への対応力が欲しい

自分がわかるパターン以外の問題が解けない

といった人が対象になると思います。

 

このレベルになると、考えることが重要となってくるので

わからない問題があってもすぐに答えを見ずに場合によっては1日置いてからまた考え直す

といったことも必要かもしれません。

 

 

【分野別問題集(偏差値60〜レベル)】

【確率】

 

 

確率がわからない

確率が自分の志望校でよく出る

 

という人におすすめです。

確率の分野について、基本的な分野から詳しく教えてくれ、この参考書をやれば確実に確率が武器になるでしょう!

 

【分野別問題集(偏差値65〜レベル)】

 

【微積分】【整数】

 

 

これも

微積分、整数が入試でよく出題されるからそこを武器にしたい

という人におすすめです!

 

ただ、この問題集はレベルが高い上に、解説が少なく、たまに大学レベルの解法を使ってくるので

近くに質問できる環境がある

人がやるべき問題集だと思います!

 

ただ、この2冊もやれば必ずこの分野については武器となること間違いなしです!

 

【分野別問題集(偏差値55〜65)】

 

【大学への数学 月刊シリーズ】

 

 

大学への数学を出版している出版社は月刊で各分野について問題集を出してくれます。

すべての分野について1年をかけて出してくれます!

 

網羅性も高く、レベルも広く、やればとても力がつくのですが

解説が少し短く、なおかつ問題数が多いため、自分で問題を取捨選択してやっていくことが求められます。

 

なので、

質問、相談できる人が近くにいる

人はぜひ使って見てください!

 

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!